外反母趾を食い止めるには靴選びが重要になる

合う靴を見つけよう

フット

靴の選び方に注意する

女性に多いと言われている足の症状に、外反母趾が挙げられます。これはパンプスやヒールの高い靴などを履いている人に多くなっています。重心がつま先にいってしまい、そこだけ負担がかかるからです。仕事上、どうしてもハイヒールを履くという人は、休日だけでもスニーカーやぺたんこ靴を履くようにしましょう。足の負担を和らげることが大切です。もちろん、ハイヒールばかり履いていても、足に合ったもの履いていれば、外反母趾にならない人も居ます。サイズの合った靴を見つけましょう。靴の専門店で計測をしてもらい、オーダーメイドにすることをお勧めします。ピッタリのものを履いていれば、たとえ既に外反母趾であっても悪化することはありません。

正しい歩き方を身につける

外反母趾にならないようにするためには、正しい歩き方を身につけることが大切です。歩き方がおかしいと、それだけ足に負担がかかってしまいます。また、外反母趾が悪化してしまうこともあります。せっかくオーダーメイドのピッタリの靴を作ったとしても、歩き方で負担がかかってしまっては意味がありません。正しい歩き方は、かかとから出してつま先で地面を蹴るというものになります。これを交互に繰り返すだけです。また、できるだけ大股で歩きましょう。背筋を伸ばし、手を大きく降れば、自然と足も動き出します。目線は少し前方です。下を向くのではなく、前を向いて歩くことがポイントです。歩き方教室もあるので、通ってみるというのも一つの手段です。

ヒーター

ダイエットにも効果がある

基礎体温を上げることで、さまざまな効果が期待できます。特に、冷え性の方に向いています。温活を行うことで、体調が良くなったという方も多いです。ショウガを積極的に摂ったり、筋肉トレーニングなどをすると良いでしょう。

マットレス

体圧分散マットレスとは

布団が身体に合わず、熟睡できない、腰が痛くなると悩んでいるなら、モットンについて調べてみましょう。モットンは、体圧分散効果があるため、身体に負担がかからないマットレスです。モットンを選ぶ理由は、人それぞれですが、多いのが腰痛に悩む人です。一点に体重が集中しないため、腰痛を緩和できるからです。

ベッド

3分の1を過ごすから

腰痛や肩こりに良いとされる高反発マットレスですが、注目ポイントはその硬さだけではありません。ダニやカビが湧かない通気性も大事ですし、長い目で見れば耐久性も重要です。安さだけにこだわらないのも大切です。